« 金持神社 | トップページ | ベタ踏み坂 »

2014年9月26日 (金)

投入堂

慰安旅行の目的地

第2弾

金持神社から国道を走り続けること 1時間40分

三朝温泉に到着

そのまま、温泉に直行せず

温泉街から約10分

≪三徳山三佛寺≫に到着

それほど、宗教心が強いわけでない (;;;´Д`)

目的は、唯一つ≪投入堂≫

上記の三徳山のリンクしているHPの 下の方に記載しています。

険しい登山らしい。

色々と≪投入堂≫について

ネットサーフィンしていると、投入堂を登った方のBlogが出てきます。

そのため、この当日までに トレッキングシューズを購入

従来のスニーカーでは、駄目らしい。

トレッキング用の靴下も購入。

いざ、投入堂ですゎ。

入山説明を受け、名前を記帳します。

登山開始時間も書きます。そして、靴がふさわしいかどおかをチェックしてもらい

軍手をはめ。入山礼拝のタスキをかけて 出発 13:45

登山を開始して、約10分。

もう、バテバテです。

山道を、なだらかなケモノ道を想像していたが・・・

ちゃうやん。ゴツゴツの崖を登ったり

木の根っこを足場にしたり、手で掴んで身体を引き上げる・・・そんな 山道ですわ。

開始して、15分

呼吸困難、顔面蒼白、気分が悪く・・・小休憩。酸素吸入器が欲しいとこれほど思ったことはない。 weep

参拝を済ませた方が、上から下りてきます。

しかも、60~70歳くらいの女性の方が・・・

へばっている姿は、見せられません。 weep

5分程 休憩して トレッキング再開ですゎ。

写真では、この急勾配(山道)が うまく伝わらないかも。

Photo_4

Photo_5





今まで、登山とかトレッキングとか 全く経験のない私。

ビックリしましたゎ。

今まで、割と高い場所に車を停めて、下の地磯に下りて行くため 餌木バックを腰に付けて小さいクーラーを肩に掛けてエギングロッドを持った状態で似たような場所を上り下りした経験はあるが・・・しかも、約10分足らず。

それより 遥かキツイ坂ですゎ。






途中、色々な堂が現れます。

鐘楼も鳴らして来ました。

そして、出発してから50分

50分も・・・


山道を左に曲がった直後。。。



ドッヒャ~~~~~~~

ついに、現れた  国宝≪投入堂≫


感動もの ですゎ~~~~crying

Photo_6

Photo_7


1300年もの昔、行者が、この社(やしろ)を投入れたんだって。

を詳しくは、≪三徳山三佛寺≫のHPの中にあります、≪投入堂の縁起≫を開いてください。

中には、分かりやすい動画もあります。

スッゴい~~~~

|

« 金持神社 | トップページ | ベタ踏み坂 »

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1134085/57485605

この記事へのトラックバック一覧です: 投入堂:

« 金持神社 | トップページ | ベタ踏み坂 »