« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月29日 (土)

モンズマ最高~~

2週間前のネタになりますが…

柏島の民宿での翌日。

帰り道に窪川の【みどり市】に立ち寄りました。

新鮮な野菜・果物・鮮魚・精肉・・・

 

私事ながら、こうゆう所に来ると必ず足の向かうのは鮮魚コーナー

 

釣りを趣味としてる人は、皆同じかも知れません。

「おお~~、アオリイカ。○○円やかぁ。」とか「この前、釣ったヤツの方が大きいかったねゃ。」とか。。。

 

そんな思いで、今回も鮮魚コーナーに足を運びます。(^.^)

 

 

この時期、流石にアオリイカは居ません。

 

 

目に飛び込んできたのが、【モンズマ 450円】です。

 

以前、息子が釣った時 船頭さんが「オッ。こりゃモンズマやか。こりゃ、エイぞ。なかなか美味いし、なかなか釣れんがやき。」

それを、その晩食べたら、確かにメッチャ美味かった。

 

その【モンズマ】が目の前で450円で売られてるじゃないですかぁ~~。こりゃ、買わなイカン。

 

ちょうど、大きめのクーラーボックスには氷も残っているし。ラッキーラッキー。(^.^)

 

自宅に帰り着いて、買ってきたモンズマを出しました。

Img_5499_20200826100001 

体長30センチ弱やったと思います。

見た目は、カツオに似ていますが、身の質は新子(メジカの幼魚)に似ています。

新子の場合、余り大きくないので1匹を刺身にしても食べ応えが無いのですが、こちらは、少し大きいので容赦なく堪能できますゎ。

刺身にして、ブシュカンをかけて醤油をちょいとつけて、パクッ!  (*^-^*)

ん~~~~~、コリャ、美味い。

 

ちなみに、モンズマは群れて泳いでいないらしく、網に入っても稀に獲れるだけらしく。

見た目、スマ鰹。

お腹に紋が有ることから【モンツキ】とも呼ばれ。【モンツキスマガツオ】を縮めて【モンズマ】と呼ぶらしい。

捌いてしまうと身の鮮度が落ちてしまい、アシが早い。

刺身用に捌いて売られていることは無く。1本丸々買わなくてはいけませんが、見つけられれば即「買い!」です。

 

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金)

健康だけがとりえの筈やのに・・・

8/25(火)

午前5時、いつものようにジョギング。日課として、3年目に入っていますが、誰も信じてくれません。(-_-;)

AM05:40帰宅して、シャワーをしていると、フッと体の怠さを感じます。

「何か、ダルイなぁ」

シャワーから出て、食卓で扇風機を前にして涼みながらボォ~~っとしてたら、益々 怠くなって…

布団に横たわりました。

午前7時、37.1度

午前8時、38度

午前9時、38.8度

サッ、サッ、サンジュウハチ~~~(@_@。

自己最高記録

Img_5511

もぉ、アカン~~(@_@。

コロナって、こんな感じかぁ~~~(≧◇≦)

突然、発熱して

突然の倦怠感。

ダルダルやもぉ~~~~~~

お昼には、臨時理事会と例会を控えていましたが、すべてキャンセル。

 

もしも、コロナやったら…

もしも、コロナやったら…

もしも、コロナやったら…

 

 

 

コレばかりが、頭をよぎります。

 

 

もしも、コロナやったら。店も閉めて営業が出来ないのはもちろんですが、退院しても、来てくれるお客さんなんて そぉそぉに居らんでしょぉ。

困った。困った。困った。…

こりゃ、参ったよぉ~。

 

 

 

38度以上の熱があり、体がダルダル。

 

 

夕方には、37.2度まで下がってくれたのも。市販の薬を飲んだからか…

 

不安がよぎり、お先真っ暗を感じますゎ。(≧◇≦)

 

おデコに、冷えピタ。首にアイスノン。

 

やがて、ウトウトっとして、目覚めたのが午前3時半。

 

トイレに行こうと、ベッドから立ち上がると・・・

何や、どぉもないやいかぁ~~~(^.^)

トイレを済ませたたら、やたらとシャワーを浴びたくなりました。

シャワーしている、最中も全く問題なし。

ふらつき無し。握力問題なし。スクワット問題なし。しいて言うと、背中が痛いがコレは、一日中寝てたからゃぁ。

元の健康体になってるじゃぃかぁ。

今さっきまで、発熱でコロナゃコロナゃと騒いでたのが・・・

 

 

 

 

シャワーの後、扇風機前で涼みます。

24時間前と全然違うがょぉ。

気持ちエエ~~~~わぁ。

体温計で測っても。36度の平熱やきぃ。

すかさず。ネットで調べてみることに。

 

何のことない、日射病・熱射病・今は、全てまとめて熱中症やった

たいていの場合、暑い中で発症する場合もあるが翌日・翌々日に発症することもあるらしい。子供のころ、「帽子をかぶって出んと、日射病になるでぇ」とかよく言われたもんでした。

しかも、「直射日光を浴び続けよったら、熱がこもるで!」とも言います。そぉ言ゃ~、自分の息子にも言うてましたゎ。

発熱する前日の、船上に居た者の中で、半そで半パンにサンダルは、私だけ。他の皆は、長そで長パン。

私ゃ、日焼けによる火傷だけが心配で、日焼け止めクリームをタップリ塗り込んでいました。

まさに、ブリの照り焼き状態なだけやった。

その日は、どぉもなかったけど、

翌朝のジョギングで、一汗かいたのが引き金となったわけよ。(;^ω^)

 

お騒がせしてすみません。

 

朝飯は、インスタントの塩ラーメンが妙に喰いたくなりました。

 

朝から、ラーメン1杯完食~~~~(;^ω^)

 

 

私ゃ、健康体だけがとりえですから~~(;^ω^)

 

 

 

おしゃれサロンTiMESは、お客様に安心安全を提供しているお店です。

日頃より、コロナ対策には万全の対処を施しています。m(__)m

 

| | コメント (0)

2020年8月26日 (水)

須崎沖釣行 2020 08 24

8/24(月)

午前5時

いつものように、Hさん宅へお迎えに。

今回は、Hさん・息子・息子の彼女との合計4名の釣行となりました。

殺人的な暑さの今日この頃。(>_<)

巷のニュースの天気予報では35度とか37度とか言うてますが…

あれって、気象情報の為の百葉箱の中の温度計ですから。(>_<)

実際、コンクリートで覆われた街中とか今回のような灼熱の洋上だと、体感温度は、40度を超えるでよ。(≧◇≦)

 

今回の釣行は、釣りより麦酒。みたいになってしもぉたがよ。

Img_5509 Img_5510

失敗の始まりは、ココからでしたわ。

 

釣果の方は、アジ・アヤメカサゴ・ネイリ・オジサン・その他リリース

1番凄かったのは、Hさんの80cm級の丸々としたカンパチ。👏👏👏パチパチパチ~~~~

私ゃ、麦酒と波に酔ってましたゎ。(;^ω^)

 

 

 

| | コメント (0)

2020年8月20日 (木)

柏島、再び。2020

8/17~18

娘夫婦と孫2人を連れて、柏島。

先月(7月20日)にも行ってきているにも関わらず、またもや 柏島ですわ。

計画段階で、…

何処で泳ぐか?設備は?等々を考えて。目的地を【竜が浜キャンプ場】ここで、テントを張るキャンプはしないのですが、柏島で唯一シャワー室があって駐車場があって、スノーケリングしてサンゴの見えるポイントなんです。

ただ、浜が砂浜じゃないので、タープが張れません。

ビーチパラソルでは、6人が入りきれないから今回は、前もって大型自立式タープを購入しました。

 

これがあって、なかなか良かったですね、ワンタッチタープテント。

Img_5487  

こんな感じで使いました。(^.^)

カレーもご飯もレトルトを買ってきて…

手抜きですがとても美味しく感じられます。

Img_5482

このタープだと、ゴロ石ばかりの場所でも、ペグの刺さらない心配も要りません。(^.^)

 

海で孫たちと遊んでやって、スノーケルも楽しんで、口の中が塩分でカラッカラになったところで、スイカを切って食します。(^.^)

ん~~~~~~~、んまい。(^.^)

午後4時まで遊んで、宿に向かいました。

今回、お世話になった宿は、民宿です。

初民宿なんですゎ。(;^ω^)

和泉屋 旅館

Img_5489

翌朝、起きると

孫たちが、「イルカが港の中に居るき、見に行ってくる」と言う

早速、イルカを探しますが見当たりません。

子供らは、見たらしい。(-_-;)

話を聞くと、イルカが湾内に住み着いているらしく。時々、姿を現してくれるのだとか。

流石、柏島ですゎ。

 

 

今回も、GoToキャンペーンで宿泊費の3割が戻ってくる筈。娘夫婦らは、はた旅クーポンまで貰ったらしい。

生憎、私らの分は無くなっていてもらえませんでしたが・・・【高知リカバリーキャンペーン】ってのが使えるらしくETCカードで使った分が戻って来るらしい。

 

早よ、申請しょうっと。(^-^;

 

 

 

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

ヤ・シィーパーク 2020

小学1年生と保育園年中組の男の子二人。まぁ、孫になりますが…(^-^;

とても、ヤンチャな孫を連れて、初の釣り体験と初の海水浴デビューに行って来ました。

 

午前7時半。自宅を出発して、手結漁港へ。

こちらは、車を横付け出来るので非常に楽なポイントです。(^^♪

 

初めての釣りなんで、何とか1匹でも釣らしてやろうと思い、小型魚狙いのサビキ仕掛けです。

Img_5447

まだまだ、体が小さく

竿も重たいらしく、なかなか操れません。

結局、手伝ってやりながらも、コノシロ3匹と豆アジ1匹。

孫らは、ロッドの重たさとなかなか釣れない釣りに、早々に飽きてしまいましたゎ。

やっぱり、小学4年生位にならないと、釣りデビューは無理っぽかったですゎ。(-_-;)

Img_5477

 

釣り場から、車で3分。

ヤ・シィパークに移動。

孫ら、大喜びですゎ。

初めての海水浴デビューに大はしゃぎ。

Img_5460

Img_5462

Img_5465

 

| | コメント (0)

2020年8月10日 (月)

はた旅 パート2

8/4(火)

はた旅で泊まったところは、【四万十りばーさいどホテル

名前をクリックすると、楽天トラベルのサイトに飛ぶかと思います。

実は、現地ホテルで写真を撮って来ていませんので、そちらの写真を参考にして下さい。(^.^)

少し年数の経過しているホテルでした。ホテルというより、ペンションみたいな感じです。

そして、お部屋も経年の感は仕方ないですが、よく清潔にされている感がありました。

夕食も、天然アユとウナギと陶板焼きの焼肉と鰹のタタキ。なかなか豪勢です。朝食も、脂の良くのったサバでした。

1泊2食付きで、一人=8,000円。(^.^)

 

午前4時起床

4時半出発で、四万十川を上流に向かいます。約40分走ったところに岩間の沈下橋を目指します。

Img_5381

橋の左側が白くなっているのは、2年前の豪雨で流されたらしく痛々しかったです。

朝もやに包まれて、人の居ない静かなところです。

 

次に下流向いて走ること10分。口屋内沈下橋に着きましたが、こちらも老朽してて渡れません。近づくことも出来ません。

Img_5384

その下流に、少し大きな橋があり、その橋の上から口屋内沈下橋を撮影したのがコレ↓

Img_5385  

 

また下流向いて約10分で勝間の沈下橋です。コレ↓

Img_5387

Img_5389

山間から太陽が出てきました。

更に、10分ほど下流に高瀬の沈下橋です。

Img_5390

その次の下流にあるのが、三里の沈下橋ですが、こちらは、昨日、ダイブした橋です。

さらに次の下流にあるのが、佐田の沈下橋です。こちらは、遅咲きのヒマワリとかドラマで使われていた有名な橋です。

Img_5393

Img_5394

 

これにて、はた旅終了。

ホテルに帰って、朝食を頂きました。

そして、チェックアウト時には、はた旅クーポンをもらいました。10,000円分もあります。

Img_5395

 

早速、中村の街でワインを買って帰りますゎ。(^.^)

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金)

はた旅 パート1

今週は、はた旅クーポンをGET。

このキャンペーンに参加しているホテルに泊まると、1人=5,000円のクーポン券を頂けるってやつです。

 

今回は、急遽 決まった旅行なんで、あまり準備していませんでしたが、何とか楽しい休日になるよう頑張りました。

出発前の朝になって、【with RIVER】さんに申し込みのお電話。[お手軽 カヌー体験コース] 普段なら予約が詰まっていそうなものの偶然空きがあって参加できることとなりました。

 

午後1時半、with RIVERさんに到着。このような沈下橋を車で渡らなくてはなりません。

Img_5335

Img_5339

Img_5337

Img_5336

丸っきり初めての経験でしたが。親切丁寧に、段取りを教えてもらって、申込書にサイン。そして、更衣室で持参してきた水着に着替えます。

こちらから歩いて3分で、先ほどの三里沈下橋です。その下で、カヌーを受け取り、インストラクターから簡単な指導を受けて、出船します。

1kanuni

四万十川の下流域になっていて、激流なところはありません。

広い範囲を、自由にスイスイ漕いで楽しめます。

時折り、涼しい風も吹くし、水面を走るカヌーは、気持ちエエ~~~ワァ。(^^♪

もちろん、カヌーから降りて泳ぐことも出来ます。

Photo_20200807153106

あっという間の、1時間が経過しました。

インストラクターさん「いかがでしたか~~~。気持ちよかったでしょう。最後に、せっかく沈下橋に来たんだから、沈下橋ダイブでしょ。(^.^) いい、思い出になりますよぉ。下から、写真も撮りますからぁ。」

 

インストラクターのハイトーンなお誘いで、私ら、すっかりその気になってしまいました。

今年、59歳になります。(-_-;)

沈下橋から下を覗くと、結構 高いじゃないですか~~~~(-_-;)

Photo_20200807155001

マジ~~~~。

下には、インストラクターの方がカメラを構えて待ってくれています。

「コリャ、もぉあとに引けん。(>_<)」

インストラクター「それでは飛びこんで下さいよぉ。サン・ニィ・イチ。」

 

 

 

 

 

 

 

Photo_20200807153104

Photo_20200807153103

Photo_20200807153102

 

 

 

 

 

 

私が、飛び込んだ後、インストラクターが

「奥さんも、飛びますよぉ~~~。サン・ニィ・イチ。」

 

 

 

 

 

 

Photo_20200807153101

 

 

カナヅチながやに、マジで飛びましたゎ~~~~。

 

 

 

 

とても楽しい経験が出来ました。(^.^)

 

 

補足

沈下橋で飛び込み事故が多発しています。

ですから、飛び込み禁止の看板が立っている沈下橋が数多くあります。くれぐれも、そのようなところでは飛ばないでください。

ここ、with RIVERのインストラクターが付いていることと、救命具もしっかり着ていることです。

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »